2010_10_09_

くるり / 魂のゆくえ

円熟。




くるりにはそこまで思い入れもないし、
特別詳しくもないのですが。
丁寧な文体で書いてみます。

くるりをよく聞いてたのは高校1〜2年の頃で、
ちょうどアルバム「TEAM ROCK」が出た頃でした。

もちろん僕の周りにはくるりを知ってる人がおらず、
クラスで唯一ひとりだけくるりファンのA君がいたのを思い出します。
(かなりとがったやつで、今でも元気にしてるか気になります。)

『ばらの花』あたりはがっちし聞いていたし、大好きだったのですが、
そいつから『ワールズエンド スーパーノヴァ』を借りて聴いたところ、
いたく感銘を受けまして、ドドっとハマったものです。

そっからけっこう有名になってきたくるりは、
Mステなんかにも出ちゃって、知ってる人は増えたのですが、
逆になんだかつまらなくなってしまって、
「ザ ワールド イズ マイン」を最後にぷっつり聴いておりませんでした。
(「ザ ワールド〜」は例のA君から借りて聴きました。)

(ちょこちょこCMとかラジオでくるりがかかってるのは聴いていましたが、)
しばらくのブランクを経て、この「魂のゆくえ」を聴きました。

なんとまあ懐かしいというか、
「TEAM ROCK」なんかよりもっと前のくるりから、
アシッド感を抜いた感じの極上のポップだったので驚きました。

くるりがデビューしたころはロックとデジタルがどう折衷されるか、
みたいなことをいろんなバンドが試行錯誤しているような音楽が多かった気がします。

くるりもかなりいろいろ工夫した音楽をつくっていたようですが、
感性的に刺激はされたものの、心には響きませんでした。
(『ワールズエンド〜』はアリだったけど。)

んで、最終的にくるりが「ああ、ここに帰着したか」って思わせてくれるような
ハートウォーミングな作品がこの『魂のゆくえ』だったのです。

”帰着”ってのは僕の邪推ですが、もし真実であれば、
『さよならリグレット』って曲(の歌詞)はとても沁みてくるものがあります。
そんでどれを聴いても、ああ心がこもってるな〜ってしみじみしてしまいますね。



それと同時にすごくルーズ。
いい意味で、超気が抜けてる。
そんでもって『Natsuno』みたいな素晴らしい曲をさらりと歌う、
なんだか大御所感をひしひしと感じさせます。

くるりはけっこう多作ですが、
このアルバムは平々凡々としているようで、
ある種特殊なアルバムのような気がしてなりません。
(あ、このあと、一通りアルバムを聴き返しました。)

余談ですが、
『さよならリグレット』シングル盤の3曲めの『pray』という曲は、
隠れた名曲かと勝手に思っています。

posted by Yooske at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Album | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165194053

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。