2010_10_02_

想い出波止場 / ブラックハワイ

人を食ったようなアルバム(俺は食われた)



このバンドについてレビューをするというのは、
なんだか負けたような気持ちになる。

っていうのも、もうとにかくぐちゃぐちゃというか、
こんな「人を食ったような」という形容しか見つからない音楽を
まじめに評価しちゃったらどっかで笑われてしまいそうなので。

ジャケットも見て下さい。

大きなエビを担いで、なぜかロゴが「VIVA BRAZIL」・・・ブラジル万歳。

内容も聴いてください。

曲ごとにまったくアプローチを変える適当な構成。

いや、待て、適当なのか?

実はとても精密に計算されてできたアルバムなのではないか?

なんて深読みしすぎ??

・・・てな具合に∞ループの思索に耽る。
それが想い出波止場。



でもひとつ思うのは、
「ぐちゃぐちゃ」って感じるってことは、
やはりこれは「POP」ミュージックなんだろうなー、ってこと。
ノイズ? そんなんじゃないです。

ちなみに私は、『台湾ディストーション』が好き。


posted by Yooske at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Album | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164370876

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。