2010_09_29_

pre-school / temple at the back

POTSHOTの兄弟、みたいなー



90年代のJ-ROCKバンドは売上的には恵まれていると思います。
大御所がバンバンミリオンセラーを出すので、
その利潤を売れ線ではないバンドにも回すことができ、
結果的に様々なバンドが最前線に顔を出すことができた。

このプリ・スクールが人気を博していた世紀末のころは、
スーパーカー、ナンバーガール、AIR、トライセラトップス、TMGE、
ピートベスト、グレイプバイン、ワイノー、クリンゴン等のバンドが、
ロッキングオンを通過し、イイ感じに売れていた。
どれも音楽的にはイギリスのバンドっぽい感じでした。
(アフター ブリットポップって感じ)

pre-schoolってバンドはそんな中のひとつという印象が強いが、
それでもしっかりオリコン20位くらいのヒットは飛ばしていた記憶があります。
音は今思えばblurみたいだけど、
何も知らない当時はすげーーーかっけえーーーーって思ってました。

特にこの『temple at the back』という曲は
最初に聞いたプリ・スクールの曲だったのですが、
確か地上波でロックのCMも打ってた(!)時代だったので、
それで聴いたのかな。
(いい時代だったねえ・・・。)
「ドンチュードンチュー♪」ってサビはかなり印象的。

コレを聴いて群を抜いてプリ・スクールが好きになり、
アルバムも数点購入。
一時期よく聴いていましたが、
流石に高3くらいから恥ずかしいと思うようになってしまった。

でも「depends」は今でもよく聴く。名曲だと思います。
シングルで買った当時(当時1000円は痛かった!)はモトがとれるまで
死ぬほど聴きまくったもんだ!



でも今振り返ると、バブルといえばバブルなんだけど、
とっても豊穣なJ-ROCKの畑があったことが、
なんだかとてもしみじみと思い出されて、
この曲はその象徴のように蘇ってくる。
焼き直しのゼロ世代の一つまえ、
反芻の90sの寵児。(弔辞??!)

その他↓↓

解散後はたぶん音楽活動はMUFASを除いてしていない模様。

ロッキングオンのプリ・スクールのインタビューは糞痛かった。

アートワークはレミオロメンやゆず関係でも活躍する
TLGF(The Lincoln Graphix Family)によるドライなノリのヤツなのですが、
中学の俺にはかっこよすぎた!(今見るとダセェ)

 


posted by Yooske at 00:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クロックス crocs
Posted by ヴィクトリアシークレット モデル at 2013年08月01日 14:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。