2010_09_23_

忌野清志郎 / HB・2B・2H

王の風格



私が何気な〜く買ったキヨシローのアルバム「KING」。
KINGというにはあまりにも何気ない、
ふつーのかわいらしいキヨシローがジャケになっている。
(だがそれがいい。)

その中に入っているこの曲『HB・2B・2H』。
鉛筆(野郎)が主人公で、
「だんご三兄弟」を連想させるような牧歌的で、
本当にNHKの子供番組で流れてしまいそうな歌。
「HなBだぜ HB」とかちょっとNGな部分もあるけど。
ダサかっこいい。

このアルバムの中のピークはもっと別の曲にあると思うけど、
僕はなぜか同曲に意識が行ってしまう。

キヨシローはソロくらいしか聞かないので、
この他にはタイマーズとRCの「カバーズ」くらいしか持っていない。
RCは聞いてもあまり好きではない。

そんな人間が言うのもなんだが、
日本語ロックのオシャレさ、かっこよさを体現したのがはっぴぃえんどならば、
日本語ロックのダサさをまず体現し、それを「かっこいい」まで昇華させたのが、
キヨシローだったのではないだろうか?
という意味で、
2000年代に入ったのち、
気ままなキヨシローから発表されたこの『HB・2B・2H』という曲は、
象徴的な何かを持っている。


posted by Yooske at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。