2010_09_19_

Phew / 秘密のナイフ

ジャケット見るとやっぱ美人だなぁ



Phewというシンガーの歌声の側面がフルに発揮されているアルバム。
一つ一つ丁寧に言葉を紡ぐPhewの歌唱は、本当に唯一無二だ。

しっとりした構成の中で一際目立つパンク精神を発揮した
『ひとのにせもの』で「もううんざりだ」「もう飽き飽きだ」
と叫ぶPhewの熱唱は、『夢の成る丘』で「くだらねえ!くだらねえ!」と叫ぶ
突然段ボールの故・蔦木栄一氏と共鳴して聴こえる。
発売時期といい、籍を置いていたレーベルと言い、アルバムの構成と言い、
突然段ボールの「抑止音力」と対で聴きたいアルバム、ってのは考え過ぎ?!
(「ひとのにせもの」、「ゆめのなるおか」なんか語感が、、、
え?もういい、うるせぇ黙れって?)

↓はこのアルバムの曲じゃあないけど、
山本精一参加のNOVO TONOってバンドの「パノラマパラダイス」
ってアルバムの中の曲。(これもまた名盤でやんす)
この曲だけ羅針盤みたいなんだよなー。



近藤達郎、西村雄介、山本久土、植村昌弘、大友良英、と
参加メンバーもすごい。スターリン臭も若干。
植村氏のパーカッションが個人的には美しさを増幅させていると思う。


posted by Yooske at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Album | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163167534

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。