2010_09_19_

Silver Apples / Ruby

こ...これが60年代ですって?



Silver ApplesとSuicide、この2バンドは、
いつ聴いても作品を出した時代を疑ってしまう。

特にこのSilver Applesの『Ruby』を聴くと、
とても60年代リリースとは思えないのだ。
ただし決して前衛的という点だけが浮き出るわけではなく、
もうすでにポップスとして聴くことができるだけの
完成度をも持ち合わせている。



今でこそまったく普通のポップスにも導入されている手法だが、
このミニマルなパーカッションはテクノ史の紀元といってもよいのでは。

さらに無機質なシンセ、反復するVo.、すべてが今でも十二分に幻想的。
当時の人はどういう風に聴いたんだろうなと夢想。
一度シンセ音楽を知らない耳で聴いてみたいと思うのは、
私だけではないはず。

あ、あとジャケもかっけーや。


posted by Yooske at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163165182

この記事へのトラックバック

プラダ 財布
Excerpt: Silver Apples / Ruby: Listening Suicidal
Weblog: プラダ 財布
Tracked: 2013-07-13 22:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。