2010_09_19_

コクシネル / BOYS TREE

唄声の重みを知る一枚



コクシネルについては、
自分はあまり詳しくないのでWikipediaに任せるが、
このアルバム収録の名曲「少年の木」は意外なことに地上波で出会った。

大学時代に深夜番組で「FACTORY LIVE」というフジ系列のライブ番組があり、
(今もあると思うけど)
そこでこのバンドが出ていたのだ。

名前こそ知ってはいたが、全く食指が伸びていなかったバンドだったので、
思わず録画して(VHSにね)、何度も見ていた。

後からこの「BOYS TREE」という作品を買い、
そこに『少年の木』は収録されていたが、
唄声は同じように美しい、独特の歌い回しだった。

このボーカル野方囁の唄い方はどこかPhewのそれを思い出す。
唄うっていうよりひねり出す感じ。
曲を聴いててもあまり分からないけど、
本当は野方氏の歌唱力はかなり高いと思う。
「怪しい感じがする」「神秘的」とかそういう形容だけで終わってはもったいない。
胎盤の中から聴くような、唯一無二の歌唱。

『少年の木』はかなり聴きやすい讃美歌のような曲だが、
ほかのアルバムではバリバリにノーウェーブっぽい演奏も聴ける。
そっちの方が本当はこのボーカルと相性がいい感じもするけど。

そしてもう1曲『天と地の偶像』というかなりぐっとくる曲も収録されている。



今思えば地上波にコクシネルが、というのはかなりすごいことだと思う。
たまに地上波ってのはこういうことをするね。
地上波で誰々(=マイナーなアーティスト)って聴くと興奮しちゃう。


posted by Yooske at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Album | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。