2010_10_16_

ギターウルフ / ラーメン深夜3時

タイトル発→ラモーンズ着




ラーメンを深夜3時に食うこと、
けっこうある。

ラーメンってのは不思議で、
アルコール後の多少気分の悪いときでもなぜか食べたくなる。

だから何?


歌詞になんの意味もありゃしない。
それもそのはず、
かっこいいタイトルを決めて、
それにそって曲を作っていくという作曲法なのですから。
深みも比喩も主張もない。

曲としては至極シンプルなまさにロック。
というかラモーンズ。
コードも数コードのみの使用。
音質は最悪でめちゃくちゃザラザラ。
これだけジャンルが多様化し、
テクノロジーが発達している時代に全くの進歩なし。

なのに、ギターウルフにしかつくれない音。
国宝。






posted by Yooske at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キリンジ / Love is on line

21世紀型の歪んだラブソング




キリンジの「Dodecagon」というアルバムに収録されている曲。

タイトルを訳してしまうと「愛はオンライン」。
(なんだか歌謡曲のようで、「オンライン」というワードが浮いて笑える。)

「on line」というワード以外に、
キカイ用語の直接的な描写はないが、ネット上の恋愛の歌。

恋愛といっても、
遠距離恋愛で彼氏が遠くにいるからSkypeで..チャットで...みたいなのは、
キリンジはもちろん書かない。

これは<一方的な>恋愛の歌、というか、
<出会い系>の歌。

「ヒトだけが眠れない夜」の「ヒト」というのが、
これだけ文明が発達しても、中身は動物「ヒト」であり、
欲望に身を任せ、自然に反して、
性欲が睡眠欲を上回り朝まで眠れず出会い系にアクセスし、
勝手な妄想恋愛に没頭する男の愚かさを、
キリンジらしく一歩引いた所から冷ややかに描写するのが気持ちよい歌です。

でもそんなテーマでも、さらりと美しいバラードに仕立て上げてしまうのが、
キリンジの流儀。
コニクイですね。

さすが評論家の宮ア先生が絶賛するわけですな。

なにはともあれ、キリンジ兄の歌詞は、
色々な暗喩が隠されまくっているので、
歌詞を見て色々想像(=妄想)するだけでも楽しい。
キリンジの歌詞は本当、一筋縄では行かないです。

この曲、キリンジの曲の中でも歌詞は一級品ですが、
メロディーも相当良いです。

『君は女ですか 女の振りかな』
『フォントが滲む』
『指先から伝わる愛』

こんな歌詞にビビリと来た人はぜひ。




posted by Yooske at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。