2010_10_15_

さかな / 光線

ベスト盤としか思えない




「さかな」というバンドをご存知でしょうか?
さかなクンじゃないよ。

どうも「こんな音楽」と表しにくい不思議なバンドなのですが、
なかなかメディアで見かけることがなく、
知名度はかなり低いのではないでしょうか。

自分が今まで「紙」で見かけたのは、
「ミュージック・マガジン」誌の「男と女」特集に、
無理矢理はめ込まれていたのを見たくらい。

「ロッキング・オン」や「クイック・ジャパン」といったカルチャー誌で
見かけた事が一度もありません。

ということで(?)、
流行り廃りとは少し距離を置いた場所で、
マイペースに曲を作る良いバンドです。
曲も超独自路線。


自分の中では非常に思い入れのある大好きなバンドであり、
リリースされているほとんどのアルバムを大学生時代に購入しました。
版元の倒産などにより入手困難になったものも、
駆け回って集めた記憶があります。
特に学生時代住んでいた地区のとある倉庫で
さかなのアナログ盤が大量に発掘されたことがあり、
かなり貴重な盤を廉価で入手したこともあります。

色々な逸話もあり、
・YBO2の北村昌士氏のレーベル「SSE」からも作品を発表。
 (たこの編集盤などを出したレーベル。今はない。)
・ボーカルのPOCOPENは元ゴーバンズ。

あ、大した逸話じゃないね。


そんなさかなのアルバム群の中でも、
聴きやすさも曲の質も、バンドとしても一体感も、
そして入手困難度も最高な1枚が「光線」。
ジャケットは「LE RAYON SAKANA」と書かれてあるのみ。
後のアルバムでセルフカバーされたり編曲されるものも入っています。

本来僕はさかなの音楽は肌にあいません。
基本的にかなり捻られたメロディーなのですが、
そのせいか、ギターの音とかコード進行が少し苦手なのです。
でもそれが逆に病みつきになっています。
たとえは相当悪いですが、
自分の臭い靴下のにおいを嗅ぎたくなるような、あの感じ(違うか)。
本当、毒のあるサウンドだと思っています。
(子供の頃苦手だったのがユーミンの曲なのですが、あれに近い。)

でも「光線」は何かそういう毒素とはかけ離れた、
非常にストレートな曲を聴く事ができます。
(そういう意味では入門編かも。)

とても穏やかな午後のひとときを切り抜いたようなアルバム。
POCOPENの声も相変わらず包容力があり、
ギター西脇氏の演奏もレンブラントのような煌めきを帯びてる。

西脇氏のギターは本当に癖があって、
その魅力はソロ「森 (La Foret)」で堪能できると思います。

でもこれだけ良いアルバムが、
未だにずっと廃盤であるのが大変惜しいですが、
これだけ音楽がデータとして空気のように行き交う時代、
ある種、裸のラリーズのCDのように、
本当に欲しい者のみが手に入れることができる、ような、
高嶺に咲く盤があってもよいと思うのです。
(だいたい市場では10000〜25000円くらいっぽいからそんな高くないけど。)



ジャズロックだとか、喫茶ロックだとか、ブルースだとか、
色々形容しようはあるけど、ズバリ「ロック」でしょう!



posted by Yooske at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Album | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。