2010_10_14_

初恋の嵐 / 真夏の夜の事

アルバムジャケットが最強、に異議は認めない




いつものように自分のことからですが、
初恋の嵐は新宿のLOFTで行われた「新宿ミーティング」なるイベントの
コンピアルバム「新宿ミーティング01」で初めて聴きました。
このアルバムを買った目的は、、、スキマスイッチだったかな(笑)。

まあコンピなんで、
スキマスイッチとか穴奴隷とかニーネとか、
いいバンドがたくさんはいってるんですが、
その中でも一際重厚な演奏をしていたのが初恋の嵐。だと思う。

初恋の嵐
って名前聴くと、
「ロビンソン」か「スピッツ」どっちがバンド名?
ってな時代を思い出しますな。

演奏が、とっても太い。
太いんだけどスリーピース。

ボーカルの西山さんは、
僕がしっかりと初恋の嵐を聴き始める前に亡くなっている。
なので、もう新しい音源を聴くことができません。

そういう前提で聴き始めた音楽だから、
すごく終末感を噛み締めながら聴いてしまったけど、
そんな気持ちを打ち破るように一曲目「初恋に捧ぐ」が流れる。

明るい、
なんか終わらない気がする。

今でも最後の曲まで、僕は通して普通に気持ちよく聴けます。

でも聞き終わった後、やっぱ少しずつじわじわと悲しくなってきて、
ああ、やっぱりこのバンドはもういないんだなと強く感じるようになります。

それはこの『真夏の夜の事』の持つ、特殊なパワー。
というかこの曲に込められたパワーがすごい。


(野暮ですが、このPVは緒川たまきさんと山本太郎さんが出演!!!!
超豪華過ぎだしっ! いいPVだし、二人とも大好きな俳優さん!! 最高!!)

勝手な事を言えば、
なんとなくこの曲を中心にこのアルバムが構成されているようにすら感じる。


これは想像のストーリー 意味など無い
想像のストーリー
これは想像のストーリー などでは無い
真夏の夜の事


こんな歌詞で終わる。

嗚呼。

でも最後の最後に力強く「などでは』と歌う西山さんの声。
限りなく身にしみる。
マジで「渾身」という感じ。
この一節で痺れます。
このアルバムのピーク。

なんとなく歯切れが悪いようで、
見事にまとまったアルバムの中の1曲。
20歳で出会えて良かった。

(あとアルバム内の『nothin'』のギター、最高っす。)

アルバム、聴いてみそーーーーー!



posted by Yooske at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フレネシ / メルヘン

コピーのまたコピーは本物だった!?





ゼロ年代は模倣であることを力強く開き直るというのが、
一つの表現のスタイルとして一般的になったと強く感じることが多かったのですが、
その更に一歩向うには、もっとすごいヤツがいました。
その名も"フレネシ"。

「80年代以降の音楽はすべて焼き直しだ!」
みたいな乱暴なことを言うクリティック方もいらっしゃるようですが、
(中には60年代で音楽の発展は終わったとかいうことも聴きますが....)
まあ昨今のリバイバルロックを聴いていれば、
模倣がよいか悪いかは別として確かにそれは事実ではあるでしょう。
んで、そんな時代の飽和感とも相まって時代のイコン(遺恨!?)になりそうなのが、
フレネシ。

アートワークは70年代アニメやドラマの模倣。
をした00年代(タナカカツキさんとか)を、
少し距離を置いて俯瞰しながら少し小馬鹿にしたような模倣。
と一筋縄では行かない。

音楽ももちろん、レトロ風。
を通り越した80’sポップス。
の更に派生系であるJ−POP。
の模倣。
(パクリではない、模倣。
もちろん模倣という表現自体が開き直り。)

というか、
相対性理論みたい。

とにかくすべてが模倣。
模倣のツギハギ。
ツギハギも、ツギハギし過ぎれば、
どこが模倣なのか分からなくなります。
ということで、一周してモノホンへ。

というかよく考えれば、
古今東西のロック音楽の巨大なアーカイブ?

でもちゃんと耳を澄ませば、
やっぱり極上のフレンチポップなんだぜ?
だから、賛成。



そして名前さえも「フレシネ」の模倣...?


posted by Yooske at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Album | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。