2010_10_03_

電気グルーヴ / Volcanic Drumbeats

ふっきれたハッピーな怪作の2曲目



昨日近所の中古レコ屋で、
人生の「サブスタンスIII」の未開封(!)がなんと300円で売っていたので、
持っているにも関わらず、思わず衝動的に買った。
(未開封とかそういうのって、どうして出てくるんだろう? 小売の倒産とか?)

持っている方は帯がないので、まじまじと帯をチェックしてみたのだが、
やはりいちいち帯まで面白いので、下に記してみます。


早報!!!
人生(ZIN-SAY!)お正月映画「おばばカヌーで世界一周」
’97年夏休みロードショー予定。
同時上映「バカ日誌」


近日発売予定!
TV人気シリーズ「人生(ZIN-SAY!)の針山でドン!」第1話〜最終回までの
ビデオ・LDセット。
(ビデオ18本組・LD283枚組予価58万円
※人生(ZIN-SAY!)の車錠ねらいセットは発売中止となりました。


注意
※ノイズ等が入る曲がありますがマスターテープのおかげです。
CDの表面が汚れた場合はなめるか新しいCDを買って下さい。
このCDは「スターウォーズ 帝国の逆襲」のサントラではありません
CDを細かく割って食べると死ぬ場合があります。
このCDには皮グツが付いてきませんのでご了承ください。
お気づきの点がございましたらあばれちゃってもいいよ。


あつめよう!
タスキ下の応募券を10枚あつめると友達に自慢できます。

応募券 月刊殺人 8月号



ふぅ・・・。

このノリこそが初期の電気である!

話が遠回りになったけど、
このAというアルバムは電気にとっての金字塔であるように感じられます。

前掲のような「笑い」のノリは徐々に渋めに収斂され(古谷実的?)、
ガチンコのテクノからさらに広がっていく新しい電気のワクワク感が詰まってます。

おまけに大ヒット曲「シャングリ・ラ」や「ポケットカウボーイ」
なども入っていてセールス的にも成功、
卓球・瀧・まりんのトライアングルのもっともピーク時の録音。
とにかく「ハッピー(ハピネス)」=テクノの原点 が詰まっている。

幕開けの「かっこいいジャンパー」からして、
とてもハッピーな構成になっている。

パブリックイメージを抜け出し、底力を大発揮したこの名曲は、
底抜けに底抜けするほど気持いドラムビーツが冴える。

PVはそれでも笑える。



posted by Yooske at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。