2010_10_17_

はちみつぱい / センチメンタル通り

日本語でしか出せない音


]

映画「ゲゲゲの女房」の主題歌はムーンライダースと小島麻由美に決まったそうで、
本日PVがYouTubeにアップされていたので、↓


この楽しそうな雰囲気がとてもいいですね。
曲も、ゲゲゲって感じがする。

依然メジャー度の低いライダースですが、
これで少しはじけるかな。

NHK絡みになりますが、
高校の時にNHKの深夜番組で佐野史郎司会の「アングラフォーク特集」みたいなのがやっていて、
全4〜5回かなんかの特集だったと思うのですが、
これをロングスリーパーな俺は無理して見た記憶があります。
(かなり前なので記憶は朧げですが、
ばちかぶりの田口トモロヲとか町田康も出てたような。。)

あと大瀧詠一さんの動画が出るということで、
気になって見た気がする。
(大瀧さんは写真・動画等ほとんど出ていない。。。)
佐野史郎の愛もしっかり感じられた。

そこでかかったのがムーンライダースの前身バンド「はちみつぱい」の『塀の上で』でした。
これだけははっきり覚えています。

鈴木慶一さんがピアノを弾きながらぼそぼそ歌っている映像は今も離れません。



ちょうどこんな感じの映像だったと思います。
身震いしますね。
あがた森魚さんの『大寒町』も同じような感動を覚えた記憶があります。

慶一さんの声もさることながら、
バック演奏のムーディー&ロマンティックさも心弾かれます。
歌詞の目線が人間ではないような不思議さも独特の雰囲気作りに一役買ってますね。

『塀の上で』というこの曲は、
短命だったこのバンドのラストコンサートの最終曲だったそうです。

アルバムには『君と旅行鞄(トランク)』という素晴らしいシングル曲や、
もっとポップな雰囲気の曲もあるのですが、
少し地味といえなくもないこの『塀の上で』が珠玉の気がしてなりません。

あと、なんか短編小説集みたい。

はっぴいえんども素敵だけど、
あがた森魚とかこういう暗めの、
湿度と密度の高い日本語ロック/フォークの方が断然好み。


posted by Yooske at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Album | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010_10_16_

ギターウルフ / ラーメン深夜3時

タイトル発→ラモーンズ着




ラーメンを深夜3時に食うこと、
けっこうある。

ラーメンってのは不思議で、
アルコール後の多少気分の悪いときでもなぜか食べたくなる。

だから何?


歌詞になんの意味もありゃしない。
それもそのはず、
かっこいいタイトルを決めて、
それにそって曲を作っていくという作曲法なのですから。
深みも比喩も主張もない。

曲としては至極シンプルなまさにロック。
というかラモーンズ。
コードも数コードのみの使用。
音質は最悪でめちゃくちゃザラザラ。
これだけジャンルが多様化し、
テクノロジーが発達している時代に全くの進歩なし。

なのに、ギターウルフにしかつくれない音。
国宝。






posted by Yooske at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キリンジ / Love is on line

21世紀型の歪んだラブソング




キリンジの「Dodecagon」というアルバムに収録されている曲。

タイトルを訳してしまうと「愛はオンライン」。
(なんだか歌謡曲のようで、「オンライン」というワードが浮いて笑える。)

「on line」というワード以外に、
キカイ用語の直接的な描写はないが、ネット上の恋愛の歌。

恋愛といっても、
遠距離恋愛で彼氏が遠くにいるからSkypeで..チャットで...みたいなのは、
キリンジはもちろん書かない。

これは<一方的な>恋愛の歌、というか、
<出会い系>の歌。

「ヒトだけが眠れない夜」の「ヒト」というのが、
これだけ文明が発達しても、中身は動物「ヒト」であり、
欲望に身を任せ、自然に反して、
性欲が睡眠欲を上回り朝まで眠れず出会い系にアクセスし、
勝手な妄想恋愛に没頭する男の愚かさを、
キリンジらしく一歩引いた所から冷ややかに描写するのが気持ちよい歌です。

でもそんなテーマでも、さらりと美しいバラードに仕立て上げてしまうのが、
キリンジの流儀。
コニクイですね。

さすが評論家の宮ア先生が絶賛するわけですな。

なにはともあれ、キリンジ兄の歌詞は、
色々な暗喩が隠されまくっているので、
歌詞を見て色々想像(=妄想)するだけでも楽しい。
キリンジの歌詞は本当、一筋縄では行かないです。

この曲、キリンジの曲の中でも歌詞は一級品ですが、
メロディーも相当良いです。

『君は女ですか 女の振りかな』
『フォントが滲む』
『指先から伝わる愛』

こんな歌詞にビビリと来た人はぜひ。




posted by Yooske at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010_10_15_

さかな / 光線

ベスト盤としか思えない




「さかな」というバンドをご存知でしょうか?
さかなクンじゃないよ。

どうも「こんな音楽」と表しにくい不思議なバンドなのですが、
なかなかメディアで見かけることがなく、
知名度はかなり低いのではないでしょうか。

自分が今まで「紙」で見かけたのは、
「ミュージック・マガジン」誌の「男と女」特集に、
無理矢理はめ込まれていたのを見たくらい。

「ロッキング・オン」や「クイック・ジャパン」といったカルチャー誌で
見かけた事が一度もありません。

ということで(?)、
流行り廃りとは少し距離を置いた場所で、
マイペースに曲を作る良いバンドです。
曲も超独自路線。


自分の中では非常に思い入れのある大好きなバンドであり、
リリースされているほとんどのアルバムを大学生時代に購入しました。
版元の倒産などにより入手困難になったものも、
駆け回って集めた記憶があります。
特に学生時代住んでいた地区のとある倉庫で
さかなのアナログ盤が大量に発掘されたことがあり、
かなり貴重な盤を廉価で入手したこともあります。

色々な逸話もあり、
・YBO2の北村昌士氏のレーベル「SSE」からも作品を発表。
 (たこの編集盤などを出したレーベル。今はない。)
・ボーカルのPOCOPENは元ゴーバンズ。

あ、大した逸話じゃないね。


そんなさかなのアルバム群の中でも、
聴きやすさも曲の質も、バンドとしても一体感も、
そして入手困難度も最高な1枚が「光線」。
ジャケットは「LE RAYON SAKANA」と書かれてあるのみ。
後のアルバムでセルフカバーされたり編曲されるものも入っています。

本来僕はさかなの音楽は肌にあいません。
基本的にかなり捻られたメロディーなのですが、
そのせいか、ギターの音とかコード進行が少し苦手なのです。
でもそれが逆に病みつきになっています。
たとえは相当悪いですが、
自分の臭い靴下のにおいを嗅ぎたくなるような、あの感じ(違うか)。
本当、毒のあるサウンドだと思っています。
(子供の頃苦手だったのがユーミンの曲なのですが、あれに近い。)

でも「光線」は何かそういう毒素とはかけ離れた、
非常にストレートな曲を聴く事ができます。
(そういう意味では入門編かも。)

とても穏やかな午後のひとときを切り抜いたようなアルバム。
POCOPENの声も相変わらず包容力があり、
ギター西脇氏の演奏もレンブラントのような煌めきを帯びてる。

西脇氏のギターは本当に癖があって、
その魅力はソロ「森 (La Foret)」で堪能できると思います。

でもこれだけ良いアルバムが、
未だにずっと廃盤であるのが大変惜しいですが、
これだけ音楽がデータとして空気のように行き交う時代、
ある種、裸のラリーズのCDのように、
本当に欲しい者のみが手に入れることができる、ような、
高嶺に咲く盤があってもよいと思うのです。
(だいたい市場では10000〜25000円くらいっぽいからそんな高くないけど。)



ジャズロックだとか、喫茶ロックだとか、ブルースだとか、
色々形容しようはあるけど、ズバリ「ロック」でしょう!



posted by Yooske at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Album | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010_10_14_

初恋の嵐 / 真夏の夜の事

アルバムジャケットが最強、に異議は認めない




いつものように自分のことからですが、
初恋の嵐は新宿のLOFTで行われた「新宿ミーティング」なるイベントの
コンピアルバム「新宿ミーティング01」で初めて聴きました。
このアルバムを買った目的は、、、スキマスイッチだったかな(笑)。

まあコンピなんで、
スキマスイッチとか穴奴隷とかニーネとか、
いいバンドがたくさんはいってるんですが、
その中でも一際重厚な演奏をしていたのが初恋の嵐。だと思う。

初恋の嵐
って名前聴くと、
「ロビンソン」か「スピッツ」どっちがバンド名?
ってな時代を思い出しますな。

演奏が、とっても太い。
太いんだけどスリーピース。

ボーカルの西山さんは、
僕がしっかりと初恋の嵐を聴き始める前に亡くなっている。
なので、もう新しい音源を聴くことができません。

そういう前提で聴き始めた音楽だから、
すごく終末感を噛み締めながら聴いてしまったけど、
そんな気持ちを打ち破るように一曲目「初恋に捧ぐ」が流れる。

明るい、
なんか終わらない気がする。

今でも最後の曲まで、僕は通して普通に気持ちよく聴けます。

でも聞き終わった後、やっぱ少しずつじわじわと悲しくなってきて、
ああ、やっぱりこのバンドはもういないんだなと強く感じるようになります。

それはこの『真夏の夜の事』の持つ、特殊なパワー。
というかこの曲に込められたパワーがすごい。


(野暮ですが、このPVは緒川たまきさんと山本太郎さんが出演!!!!
超豪華過ぎだしっ! いいPVだし、二人とも大好きな俳優さん!! 最高!!)

勝手な事を言えば、
なんとなくこの曲を中心にこのアルバムが構成されているようにすら感じる。


これは想像のストーリー 意味など無い
想像のストーリー
これは想像のストーリー などでは無い
真夏の夜の事


こんな歌詞で終わる。

嗚呼。

でも最後の最後に力強く「などでは』と歌う西山さんの声。
限りなく身にしみる。
マジで「渾身」という感じ。
この一節で痺れます。
このアルバムのピーク。

なんとなく歯切れが悪いようで、
見事にまとまったアルバムの中の1曲。
20歳で出会えて良かった。

(あとアルバム内の『nothin'』のギター、最高っす。)

アルバム、聴いてみそーーーーー!



posted by Yooske at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フレネシ / メルヘン

コピーのまたコピーは本物だった!?





ゼロ年代は模倣であることを力強く開き直るというのが、
一つの表現のスタイルとして一般的になったと強く感じることが多かったのですが、
その更に一歩向うには、もっとすごいヤツがいました。
その名も"フレネシ"。

「80年代以降の音楽はすべて焼き直しだ!」
みたいな乱暴なことを言うクリティック方もいらっしゃるようですが、
(中には60年代で音楽の発展は終わったとかいうことも聴きますが....)
まあ昨今のリバイバルロックを聴いていれば、
模倣がよいか悪いかは別として確かにそれは事実ではあるでしょう。
んで、そんな時代の飽和感とも相まって時代のイコン(遺恨!?)になりそうなのが、
フレネシ。

アートワークは70年代アニメやドラマの模倣。
をした00年代(タナカカツキさんとか)を、
少し距離を置いて俯瞰しながら少し小馬鹿にしたような模倣。
と一筋縄では行かない。

音楽ももちろん、レトロ風。
を通り越した80’sポップス。
の更に派生系であるJ−POP。
の模倣。
(パクリではない、模倣。
もちろん模倣という表現自体が開き直り。)

というか、
相対性理論みたい。

とにかくすべてが模倣。
模倣のツギハギ。
ツギハギも、ツギハギし過ぎれば、
どこが模倣なのか分からなくなります。
ということで、一周してモノホンへ。

というかよく考えれば、
古今東西のロック音楽の巨大なアーカイブ?

でもちゃんと耳を澄ませば、
やっぱり極上のフレンチポップなんだぜ?
だから、賛成。



そして名前さえも「フレシネ」の模倣...?


posted by Yooske at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Album | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010_10_11_

住所不定無職 / あの娘のaiko

名前のイカツさが、だんだん可愛く




最近豊田道倫ばかり聴いているのですが、
そこから派生してアコースティックで
手作り感のある音楽を好むようになってきました。
あと歌詞も妙に気取ったのではなくて、
とてもカジュアルな、洗練されない文句を
いやみの内容に歌い上げるものが気持ちよい。
疲れてるのでしょうか?
あまり重いものは要りません。

プロダクション臭いのは、なんか少しずつ受付けなくなり。

住所不定無職は名前だけは知ってたけど、
もっとガレージっぽい曲しか聴いたことなかったので、
このフォーキーな感じは意外でした。

別に嫌いじゃないけどなぜか手が伸びませんでした。
(名前のせい??)


「あの娘が歌うaikoが好き♩」
と淡々と歌い上げるのは、
歌詞的には主体は男の子なんだけど、
歌っているのはロリータボイスのかわいい女の子。

っていう設定だけでもいいんだけど、

「僕はあの娘が嫌い」
「あの娘が歌うaikoが好き」

ってのがなんともね。。。
いいじゃないですか!!!


住所不定無職の音楽は最近初めてしっかり聴いた。
だからアルバムも何も手元にないけど、
とりあえず今度友達の結婚式があるから、
そのときに、東京で買おうと思ってます。
なんか「東京」感のあるバンドだから。

↓聴いてみてくり。


豊田さんVer.


川本真琴にも歌って欲しい!
絶対あうと思うんだけどなー。



posted by Yooske at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

yes, mama ok? / コーヒーカップでランデヴーって最高よ

エアギターの人、で済ますな




金剛地武志が最初地上波に出ると聴いたときは興奮したものです。
なんかの予告で「エアギター世界制覇したあの男が!」見たいな文句が出てきたので、
おおお!と思いまして。

大学の友達にも、見ろ見ろ言ったんだけど、
やっぱ誰もしらねー。。。

スペシャを見てた俺にとっちゃ、
ブライアン、宇川、You the Rock並みの偉人なのになァ。。。

まあ、そんなわけで、二度ブレイクをした金剛地先生ですが、
一度目の時のピーク時の曲がこれ。
(実はプレミアついてる♥ラッキー)

アルバムでは、過去の焼き直しパワー全開で、
バグルスのカバーなんかもやっていて、
あの時代にバグルスっていうセンスに度肝を抜かれた。
(今なら時代に超シンクロしてるけどさ・・・当時は「ダセー」だよね)

んんで、今聴いてもまったく新鮮。
こびてないし、オリジナリティあるコピーバンドみたいな。

そういう意味ではやっと金剛地の先取りしすぎた時代を
我々が今貪っている、ということなのかねえ。

「スッキリ」とかも出てたよね。
極楽加藤との絡みもよかった。
控えめだけど、いろんな才能のある人。
憧れる。




posted by Yooske at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラハデパート / バードストライク

プラハの怪しい春




プラハデパートのアルバム「右往左往」から。

バードストライクってのは、
飛行機の翼のエンジン機構に鳥が入り込み、
小さな爆発を起こすだかなんだかそんな現象の名前ですが、
(ちょっと前に少し話題になった)
なんともそのイメージ通りの怪しい不気味な感じがかっこいい。
名前もジャケもなんだか80年代な怪しさ満点で、
個人的にはドつぼなんですが、
いかがでしょうか?

演奏もかっこいいね。


posted by Yooske at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010_10_10_

休みの国 / マリー・ジェーン

仕事の国から。





休みなのにしごとしながら書いてますが、
休みの国に行きたいなと思いながら聴いてます、休みの国。

いい気分だなー。

ジャックス好きからは有名だと思うけど、
一般的な知名度は相当低い、のかな?

ちなみに実家の母はフォーク好きなので、名前だけ知ってました。

名前からしてヒッピーを想像してみる。


ちょうどつのだひろのストロベリー・パスが
「メリージェーン〜」を出した頃と同じくらいなのかな。
勘で言いますけど。
この頃メリー・ジェーンが流行っていたのかな。

まあそのストロベリー・パスもそうなんだけど、
この時代のサイケデリックなギターは本当に気持ちがよい。

ほれ、↓こんなカンジの。



休みの国の「マリー・ジェーン」もまったく古くささを感じさせない
洗練されたサイケの名曲。
乾いたボーカル&ギター&ドラムが、
ジャケットの砂漠&駱駝のイメージに重なる。
実はオルガンも入っているが、なんだか全体的に簡素な感じがする。
仰々しさはない。

かくいう自分もこのバンドのことは何も知らないのですが、
どうやらこの曲の入ったアルバム以外は廃盤だそうで、
そんな情報を聴くとうきうきしてきますね。

ビートルズの「ラバーソウル」が好きな人、おすすめ。

ちなみにこの曲はYouTubeになかったので、
もっと有名な「追放の歌」で。




posted by Yooske at 22:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。